看護師の夜勤時間数の規定は72時間?

看護師の夜勤時間数の規定と言うものがあります。

 

これは、2006年に診療報酬の改定が行われた事と関係があるのですが、看護師の病棟の配置人数などで、国から病院に支払われる診療報酬は増減します。

 

7対1看護とか、10対1看護などと言われますが、各病棟の定員に対し、看護師が何人いるのかと言うのを見ています。

 

7対1は、7人の患者に対し看護師が1人つける配置、10対1は、10人の患者に対し看護師が1人つけると言う体制です。

 

この看護師の配置数が多い方が、国からの診療報酬は高くなります。

 

日本看護協会からの訴えで、看護師の夜勤時間数は月に72時間までにして欲しいとの要望が伝えられました。

 

しかし、そうなると、2交代の夜勤の場合は月に4回、3交代の夜勤の場合は月に9回となります。

 

夜勤の回数を減らすと言うことは、それだけスタッフを増やすか、看護師の配置人数の定員を減らす事になります。

 

しかし、民間の小中規模の病院では、万年看護師が不足していますからこれ以上に看護師を減らしたら経営が成り立たないと言う状態になってしまうのです。

 

日本看護協会からの要望の「72時間」案を病院側の猛反発で、結局は何も改善されないまま現在に至っています。

 

この背景には、地方の病院や小中規模の病院が抱える問題、看護師の人員不足、看護師の夜勤時間の制限などの問題を全く解決しないまま、宙ぶらりん状態になっているのです。

 

夜勤手当が高いから夜勤をやりたいと言う看護師や、子供と日中は過ごしたいからと言う理由で夜勤をしている看護師は多いので、この問題の解決には時間が掛かりそうですね。

 

多くの病院が、看護師の超過勤務の問題を抱えていると思います。

 

より好条件での求人を希望する場合は求人情報サイトに登録する事をお勧めします。

 

病院により、労働環境はまるで違いますから自分の希望に合わせて、働きやすい病院を選べば良いと思います。